頭痛の原因は

2020年2月15日

こんにちは。

2月も早後半に入ってきました。
このごろ寒暖差が大きい日が続いています。

こんな日が続くと
寒暖差で頭痛を訴える方が多くおられます。
頭痛の種類には様々あり、
緊張性頭痛、片頭痛、群発性頭痛があります。

よく見られるのは
緊張性頭痛です。
当院にご来院される患者様でも
多くおられます。

頭痛の原因は何か?
それは、
肩や首の凝りによるものです。
肩や首の凝りは
冬場の寒い時期によくおこります。
もちろん普段でも凝りを感じている方でも
この時期は寒さにより
凝りが強くなり、
また頭痛も感じることがあります。

最近頭が痛く感じる、
この原因は
肩や首の凝りによるものかもしれません。

頭痛を我慢するのは大変です。
肩や首残りも何とかしたいですね。

当院では
鍼治療やマッサージでこの症状を
改善することができます。

また、
自分でできるセルフケアとして
風池というツボ押しがあります。

このツボの場所は
頭の真後ろと
耳の付け根を結んだ線上の少しくぼんだ部分です。

親指で1回に3秒くらいゆっくり押してみてください。
強さは自分で押して気持ちがいい程度です。

この緊張性頭痛は多くおられます。

寒さが原因で
頭が痛くなる。

すずらん治療院
このページのトップへTEL:0533-78-3860